MENU

胃腸内科

Medical

次の症状がある方はご相談ください

  • 胸やけ、吐き気、胃の痛み、食欲不振、胃の不快感
  • 便秘、下痢、血便
  • 全身倦怠感、黄疸
  • 検診異常(便潜血反応陽性、ピロリ菌陽性、肝機能異常)

逆流性食道炎

胃酸を含む胃の内容物が、食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態です。加齢や食生活の欧米化、喫煙・飲酒などの生活習慣、肥満が要因となり、近年増加しています。主な症状は、胸やけ、胸の痛み、長く続く咳、のどの違和感などです。

ピロリ菌感染症

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息する菌で、主に胃や十二指腸の病気の原因となります。幼少期に感染し、一度感染すると、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌は、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こします。

食道がん

食道がんは、初期には自覚症状がないことが多く、進行すると食道がしみるような感覚、食事がつかえるような感覚、胸の痛みや体重減少などの症状が出現します。進行が非常に速い厄介ながんですが、初期の段階で発見することができれば、内視鏡治療で治癒が望めます。よくお酒を飲む人や喫煙習慣のある人は、専門医による定期的な内視鏡検査をおすすめします。

胃がん

胃がんは、日本人に最も多いがんの一つです。早期の胃がんは、内視鏡治療のみで完治するため、早期発見が大変重要です。早期胃がんの内視鏡診断に精通した専門医による定期的な内視鏡検査をおすすめします。

大腸がん

近年、日本人の大腸がん罹患率(かかる人の割合)は増加の一途をたどっています。平均寿命の高齢化に加え、食生活や生活習慣の欧米化が原因と考えられています。大腸がんは治療効果が高く、早期であればほぼ100%完治するため、早期発見が大変重要です。大腸がんも他のがんと同様、初期の段階では無症状であるため、早期発見のためには定期的な内視鏡検査が非常に有効です。
特に血縁者に大腸がんに罹った人がいる方や40歳を過ぎた方には、定期的な内視鏡検査をおすすめします。

胃内視鏡検査

内視鏡の検査目的として食道・胃・十二指腸の観察を行うことにより炎症や腫瘍などの有無を評価します。結果に則した治療法を提案させていただきます。

胃の中を観察する際には、胃の中を空気で膨らませる必要があり、少しお腹が張った感じがあります。また異常を疑った際には組織の一部を採取し、病理検査に提出する生検を行います。ただし血液をサラサラにするお薬を内服している場合は生検出来ない場合があるため事前に内服薬の確認が必要になります。

当院では解像度の高い内視鏡を常備しておりますが、より細い細径スコープも御用意しておりますのでご希望があれば御相談ください。また少量の鎮静剤(静脈麻酔)を用いながら、内視鏡検査を行うことで、胃を膨らませた際のおなかの膨満感や圧迫感などの苦痛を感じないように検査を受けていただくことも可能です。

ピロリ菌感染を疑う場合には別途検査を提案させていただきます。胃内視鏡は1年に1度行うことが勧められています。

pagetop